湖国の野鳥と自然風景 Welcome to my blog 
     ほのぼのさんの探鳥日記 
    びわ湖周辺でバードウオッチングを楽しむ、honobonoの探鳥日記
改造リレーレンズ法で試写
昨日組み上げたリレーレンズ法のフィールドテストをしました。いずれにしても2500mmともなるとピント合わせはシビアなものです。被写界深度がスゴク浅いです。
まあ今回はそこそこピントも合っていると思いますが写りはシャッキとしません。本機材での解像度はこれが限界でしょうか。
課題が出てきました。ブレ対策です。三脚と雲台を重量級にしないとぶれます。現在は重量2Kg程度のものを使ってますがどうしてもブレます。携帯性を考えると難しい問題です。

機材
GEOMAED67-S + GLH20D + DG-FS DX + DGリング + 改造アダプター + TリングM4/3 + E-P3
推定35mm判換算2500mmです(改造のため推定)。 ノートリ リサイズのみです。
GLH20Dでリレーレンズ法
GEOMAED67-S + GLH20D + DG-FS DX + DGリング + 改造アダプター + TリングM4/3 + E-P3
GLH20DはアダプターGが使えない為(GL20用のため) DG-FS DXを使う事にしましたが Tリングとの接続用アダプターはメーカーから発売されて無い為自作しました。この形で35mm判換算2500mm位と思います。
今日は雪や雨が降ってますので試写は後日となります。



LUMIX GX 45-175mm
ズームで筒境の伸縮するレンズはコリメートには使い難い為インナーズームであるLUMIX G X PZ 45-175mm F4.0-5.6 POWEA OISを買いました。
早速組んでみましたが45mmから約100mmまでケラレが発生します。使いたい1800-4000mmはケラレが発生し使えるのは4000mm以上となってしまいます。
残念ながらこのレンズは構造上デジスコには向いてません。


カメラ親父のデジカメ遍歴

マイクロフォーサーズでコリメート法
一般的にデジスコはコンパクトデジカメであるが、マイクロフォーサーズでコリメート法に挑戦することにしました。機材が揃ったので早速組んでみました。
GEOMAED67-S + GL20 + カメラアダプターDG-FS DX + DGリング25 + ステップアップリング37-52 + M.ZUIKO14-42mm + E-P3



早速郊外で試写です。
スコープのピントをそこそこ合わせるとカメラのAFが追い込んでくれます。リレーレンズ法に比べその点楽に撮る事が出来ました。画像もすっきりした様です。
しかしまだまだ満足の画像ではありません。これは前回書いた接眼レンズとカメラレンズとが接近してない為ではないかと思います。
GL20はリレーレンズ用に買ったのですがメーカーの適合表にはコリメート法でも使える様にはなってますが実際は適正な組み合わせでは有りません。
コリメート法に最適なGLH20Dを引き続き注文しました。入荷次第試してみたいと思います。
画像はすべて1680mmにて
距離は勘です。かなり違ってるかも知れません。
コリメート法
注文しておいた部品が入荷しました。
早速、組もうとしたら径変換リングが取りつきません???
注文を間違ってしまいました。37-52が必要なのに52-37を注文してました。
37-52 オスネジ37 メスネジ52
52-37 オスネジ52 メスネジ37
早速発注しました。

もうひとつ問題あり
接眼レンズGL20の見口部分がDGリングに届かない???
これではケラレも大きいしベストな画像が得られないのではないか?
メーカー取説には使える事になっているのであるが。
径変換リングが届き次第試写してみる事ににする。
メーカーへも問い合わせのメールを入れました。
blog home    1 2 3 4 5  次のページ>>

プロフィール
 カテゴリー
 最近の記事
 バックナンバー
 ブックマーク
記事中の▲★印は滋賀県内での出現頻度です。
日本野鳥の会滋賀発行「滋賀県産鳥類リスト2015」を参照してます。
▲=飛行ルートにあるが、めったに確認できない
★=迷い鳥又は過去数例しか確認されていない
 携帯 qrcode


・・・ HOME 湖国の野鳥と自然風景 ブログ 探鳥日記 ライフリスト プロフィール My探鳥カメラ 湖国の風景 Link's BBS ・・・


Copyright(C) 湖国の野鳥と自然風景honobono All Rights Reserved.   当サイト内の画像等の無断転用はお断りします。 このページ上へ↑↑