・・・ 湖国の野鳥と自然風景 ブログ 探鳥日記 ライフリスト プロフィール My探鳥カメラ Link's BBS ・・・
   ほのぼのさんの探鳥日記
  琵琶湖周辺でバードウオッチングを楽しむ、honobonoの探鳥日記
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 11:40 |
ジンバル雲台
ジンバル雲台を導入しました。ビデオ雲台に比べ照準を合わせるのが容易になりました。ビデオ雲台は上下でバランスが崩れロックを忘れるとおじぎをしたり空を向いたりしますがジンバルはそれが全くありません。どんな状態でもバランスを保ってくれてスゴク使い易いです。
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 19:27 |
改造リレーレンズ法で試写
昨日組み上げたリレーレンズ法のフィールドテストをしました。いずれにしても2500mmともなるとピント合わせはシビアなものです。被写界深度がスゴク浅いです。
まあ今回はそこそこピントも合っていると思いますが写りはシャッキとしません。本機材での解像度はこれが限界でしょうか。
課題が出てきました。ブレ対策です。三脚と雲台を重量級にしないとぶれます。現在は重量2Kg程度のものを使ってますがどうしてもブレます。携帯性を考えると難しい問題です。
機材
GEOMAED67-S + GLH20D + DG-FS DX + DGリング + 改造アダプター + TリングM4/3 + E-P3
推定35mm判換算2500mmです(改造のため推定)。 ノートリ リサイズのみです。
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 16:01 |
GLH20Dでリレーレンズ法
GEOMAED67-S + GLH20D + DG-FS DX + DGリング + 改造アダプター + TリングM4/3 + E-P3
GLH20DはアダプターGが使えない為(GL20用のため) DG-FS DXを使う事にしましたが Tリングとの接続用アダプターはメーカーから発売されて無い為自作しました。この形で35mm判換算2500mm位と思います。
今日は雪や雨が降ってますので試写は後日となります。



| category デジカメ機材 | posted by honobono at 15:11 |
LUMIX GX 45-175mm
ズームで筒境の伸縮するレンズはコリメートには使い難い為インナーズームであるLUMIX G X PZ 45-175mm F4.0-5.6 POWEA OISを買いました。
早速組んでみましたが45mmから約100mmまでケラレが発生します。使いたい1800-4000mmはケラレが発生し使えるのは4000mm以上となってしまいます。
残念ながらこのレンズは構造上デジスコには向いてません。


カメラ親父のデジカメ遍歴

| category デジカメ機材 | posted by honobono at 20:24 |
マイクロフォーサーズでコリメート法
一般的にデジスコはコンパクトデジカメであるが、マイクロフォーサーズでコリメート法に挑戦することにしました。機材が揃ったので早速組んでみました。
GEOMAED67-S + GL20 + カメラアダプターDG-FS DX + DGリング25 + ステップアップリング37-52 + M.ZUIKO14-42mm + E-P3



早速郊外で試写です。
スコープのピントをそこそこ合わせるとカメラのAFが追い込んでくれます。リレーレンズ法に比べその点楽に撮る事が出来ました。画像もすっきりした様です。
しかしまだまだ満足の画像ではありません。これは前回書いた接眼レンズとカメラレンズとが接近してない為ではないかと思います。
GL20はリレーレンズ用に買ったのですがメーカーの適合表にはコリメート法でも使える様にはなってますが実際は適正な組み合わせでは有りません。
コリメート法に最適なGLH20Dを引き続き注文しました。入荷次第試してみたいと思います。
画像はすべて1680mmにて
距離は勘です。かなり違ってるかも知れません。
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 13:26 |
コリメート法
注文しておいた部品が入荷しました。
早速、組もうとしたら径変換リングが取りつきません???
注文を間違ってしまいました。37-52が必要なのに52-37を注文してました。
37-52 オスネジ37 メスネジ52
52-37 オスネジ52 メスネジ37
早速発注しました。

もうひとつ問題あり
接眼レンズGL20の見口部分がDGリングに届かない???
これではケラレも大きいしベストな画像が得られないのではないか?
メーカー取説には使える事になっているのであるが。
径変換リングが届き次第試写してみる事ににする。
メーカーへも問い合わせのメールを入れました。
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 21:15 |
リレーレンズ法
リレーレンズ法で組んでみました。Vixen GEOMA ED67-S + GL20 + カメラアダプターG + TリングM4/3 + E-P3
これで35mm判換算2000mm及び延長リングを付けて3000mmとなります。


早速試写です。
結果は多くの諸先輩方が書いておられるようにピントの山がつかみ難くて満足な画像は得られません。
研究心旺盛な団塊親父やってみないと気が済まないのです(笑)

やっぱりコリメート法の方が良いのかもしれません。
部品を発注しました。
カメラアダプターDG-FS DX / DGリングDX25 / ステップアップリング37-52 が届き次第組んでみたいと思っています。
| category デジカメ機材 | posted by honobono at 16:15 |
照準器
新兵器 照準器を導入しました。早速試してみました。
望遠(600mm)での被写体(野鳥)の導入は素早くできました。「うん?この辺りか?」と探すこともなく一発で導入できます。かなり使い易いです。
飛翔中の鳥の追尾もし易く被写体がモニターから外れた時の再導入はすごくし易いです。
ただ、照準器のマーカーが目の位置がづれると見えなくなります。これから使い込んで慣れればもっと上手く使える様になれるかなっと言った所です。
今日は短時間での試写での感想ですが、超望遠域での被写体の導入と追尾に威力を感じました。





| category デジカメ機材 | posted by honobono at 15:11 |
OM-D E-M5 ライブビューモニターのフレームレート(続2)
その後5日間、高速フレームレートでライブビューで使ってきました。
その感想です。
○高速フレームレートにするとモニターの画像の流れはスムーズです。
  それが攻してか飛翔する鳥を追っかけやすいです。
  標準の時はクックックと流れます。カメラを左右に振るとこの違い検証できます。
○タイムラグ
  ここぞと思ってシャッターを切った瞬間が今までより多く撮れています。
△撮影シーンによって若干モニターの画像が乱れます。
  水面にさざ波があるとき乱れました。(ジャギー?)
  網目(格子状)のとき乱れました。(モアレ?)
  記録される画像には全く影響無いとの事です。(メーカーへ確認済み)
△バッテリー消費
  5日間使ってみてバッテリーの消費が今までより早いとは感じることはありません。
  理論上、読み出し回数や画像処理回数が増えてる分多く消費しているとは思いますが
  日常の使用でそれを感じる程では無いようです。
   
っと!言うことで フレームレートを高速設定にすると動体撮影はし易くなります。
今後も標準設定に戻す事は無いでしょう。

では!なぜ?デフォルトは標準になっているのか 私の勝手な推測
高速設定にすると
1.撮影シーンによってはモニター画像が乱れる事がある。(ジャギー、モアレ)
2.バッテリーの消費が若干多い。(Dounaru? Four Thirdsさんの検証結果から)
 等の理由からではないでしょうか。



前回、実験結果をご提供頂いているDounaru? Four Thirdsさんがバッテリーの消費について実験結果をご提供頂いてます。

EVFに比べライブビュー時はバッテリーの消耗が早いのではないかと思ってましたが、EVFとライブビューモニターの消費電力は変わらないとのDounaru? Four Thirdsさんの検証結果で安心しました。

情報ご提供有難うございます。
Dounaru? Four Thirds 内臓EVF VS 有機ELモニター。OMD E-M5のバッテリー消費を検証する。

カメラ親父のデジカメ遍歴

| category デジカメ機材 | posted by honobono at 18:32 |
OM-D E-M5 ライブビューモニターのフレームレート
E-M5のEVFのフレームレート設定を高速に変更するとライブビューモニターのフレームレートも連動して高速になる事を検証して頂いてる記事をみました。ライブビュー派にとって朗報です。情報提供者様には感謝感謝です。
メーカー取説の表現ではEVFのみの変更としか思えません。モニターも連動するならばユーザーにとって有益な内容なので明記してほしいところです。

野鳥の飛び立つ瞬間や飛翔中の撮影はカメラのタイムラグが気になるところです。
フレームレートを高速にする事によってこれが少しでも改善されることは周知の事です。(タイムラグ=レリーズタイムラグ+モニターのタイムラグ)
高速設定にすることによって0.04秒の短縮と言う1/100秒単位の話ですが、これが結構影響するのです。
早速、EVFのフレームレートを高速に設定しました。カメラを振った時のライブビューモニター表示は今までよりスムーズになりました。動体については未だ試してませんが期待できそうです。

動体撮影は画質を語る前にAF速度や連写速度やレリーズタイムラグやモニターのフレームレートや超望遠のため手振れ補正などのスペックが重要です。

記事はこちらです→Dounaru Four Thirds OM-D E-M5のタイムラグとは



カメラ親父のデジカメ遍歴

home 
<<前のページ  2 /3pages  次のページ>>

 カテゴリー
 最近の記事
 バックナンバー
 LINKS
 MOBILE
 qrcode


・・・ 湖国の野鳥と自然風景 ブログ 探鳥日記 ライフリスト プロフィール My探鳥カメラ Link's BBS ・・・


Copyright(C) 湖国の野鳥と自然風景honobono All Rights Reserved.   当サイト内の画像等の無断転用はお断りします。 このページ上へ↑↑