| HOME | 夢びわ湖 探鳥日記 | 県内限定 ライフリスト |         Welcome to my blog 
     夢びわ湖 探鳥日記 by honobono
  琵琶湖周辺でバードウオッチングを楽しむ、honobonoの探鳥日記
カテゴリー デジカメ機材
My探鳥用デジカメ
1. 探鳥に長時間持ち歩いても負担にならない軽量な望遠デジカメが良い
       ↑これ一番大事↑
    当方、団塊世代、筋力も低下し2kg以下が必須(経験則)
2. 高画質と言うよりも野鳥がシャープに写れば良い
3. 飛翔中の鳥にも合焦するAFがベター
  
 この条件に答えてくれるシステムとして、Nikonのミラーレスに高解像の単焦点レンズ
 使っている。

何故 Nikonのミラーレスか
1. 焦点距離が35mm判換算2.7倍となる
   300mm f4レンズで 810mm f4 ←つまり超望遠でハイスピードシャッターがきれる
   また、絞ることもできる←被写界深度が深くなりピンボケに有利
2. ミラーレスで位相差AFも搭載している
   つまり、フルサイズレンズもハイスピードで合焦するので高解像の単焦点レンズが使える
3.イメージセンサーが小さいため被写界深度が深い
   つまり像の前後までくっきり映る ピンボケに有利とも言える
4.イメージセンサーの画素ピッチが小さい為、羽毛がシャープに写る
   これは画質とは相反する現象である

 レンズはやはり単焦点。ズームレンズは利便性は良いが、望遠端の解像が不安。

◎野鳥をシャープに撮るには
画素ピッチの小さいデジカメ に高解像のレンズを用いると良い。
これがすべてでは無いが間違がってはないだろう。
高解像のフィールドスコープにコンデジを使ったデジスコの原理である。

極端な言い方をすると、
カメラ本体はそこそこのモノで良いがレンズは妥協してはダメ。
どんなに高級なカメラであってもレンズの解像以上には写らない。
言い換えると、
どんなに良い目をしていてもフィールドスコープの解像以上に見る事は出来ないが
高解像のフィールドスコープならば、そこそこの目でもしっかり鳥が見られると言う理屈。
予算配分はカメラに1/3レンズに2/3

尚、上記は遠方の野鳥をシャープに撮ろうとする時の機種選定であって、
「白鳥を優美に撮る」あるいは「猛禽が狩りをする姿を怒迫力で撮る」といった場合の機種選定は別である。

 *尚、上記は独断と偏見に満ちた持論である事を印しておきます。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(755g) + FT1(150g) + 1V2(337g)  合計 1242g  810mm f4

    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
先日書いたが、オリンパスのサンヨンが発表されその全様が分かった。マイクロフォーサーズに戻りたくオリンパスサンヨンに期待していたが軽量システム愛用者にとっては重いが、このレンズは野鳥フィールドで活躍するであろう。

Nikon続行と言う事で早速注文した。
発売以来3ケ月以上待ちが続いていたがそれも解消され即届いた。

なんと!!! 軽い小さい 実際持ってみると仕様数値以上に軽量感がある。

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(755g) + FT1(150g) + 1V2(337g)
合計 1242g  810mm f4

通常は手持ち撮影で三脚座リングRT-1(140g)はいらないが、付けても1382g
三脚座がオプション設定であるが納得できる。

こちらもFT-1介しての使用であるが旧型サンヨンよりAFスピードは速い
また、VRの効きも良好 ファインダー内の像がピタリと止まってくれる。
長時間の探鳥には装備を少しでも軽くしたいものであるがこれは重宝できる。

 

しかし
オリンパスシステムE-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14
野鳥撮りに最適と思う。また、野鳥フィールドでよく見かける事になるのではなかろうか。私もチャンスあれば欲しいシステムであるが少々高額ですなぁ。



以下はデジカメについて勝手なコダワリを書いている→ My探鳥用デジカメ
    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
オリンパスのサンヨン発表されたが・・・重い
本日オリンパスからサンヨンの発表があった。昨年1月に、このブログに情報を書き1年が経過した。
とにかく軽量の鳥撮り機材を求めている者にとって、発表されたサンヨンは想像してたより重い。800gを期待していたが1475gもあるではないか。又、価格も39.9万円也とは・・・ Nikon300mmは26.7万。

質量比較
現在使っているのが
Ai AF-S Nikkor 300mmf/4D IF-ED(1440g) + FT1(150g) + 1V2(337g)
   合計 1927g   810mm f4

発表されたオリンパスサンヨン
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(1475g) + MC-14(105g) + E-M1(497g)
   合計 2077g   840mm f5.6 (x1.4で1段暗くなる)

Nikon新型 PF型サンヨンの場合は
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(895g三脚座込) + FT1(150g) + 1V2(337g)
   合計 1382g   810mm f4


オリンパス サンヨンはこれ
    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
双眼鏡 Nikon 8x20HG L DCF
軽量コンパクトなNikon 8x20HG L DCFを買いました。
Kowa BD32x10との比較 (同価格帯)
(1) シャープでコントラストがはっきりしていて解像感も非常に良いが、口径の違いか若干暗い。見え味はBD32x10と同等と思ってよかろうが、BD32x10を100とするなら8x20HGLは95と言ったところか。
(2) ボディはマグネシウム合金で質感はしっかりしていて、ピントリングの滑らかさと抵抗感は非常に気持ちよく高級感がある。
この双眼鏡、ピントリングが前方にあり小指か薬指での操作となるが不都合は感じないどころか、小型の為小指での操作がし易い。よく考えたデザインとも言える。
(3) とにかく軽い♪ カメラや双眼鏡を持って歩くなら少しでも軽い方が良い。探鳥などに長時間持って歩くには重宝するだろう。

今回は8倍にしたが10倍との違いは
当然の事ながら10倍の方が像は大きく引き寄せ感はあるが、鳥を探す目的なら8倍の方が探し易いのではなかろうか。鳥を探して写真を撮るなら8倍の方がベターか。

Nikon 8x20HG L DCF 8倍 x 20口径  270g
Kowa BD32X10    10倍 x 32口径  565g
詳細はこちら Nikon双眼鏡






    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
Nikonサンヨン・OLYMPUSサンヨン
軽量コンパクトな鳥撮りシステムを追い求めてきた者にとって朗報です。
Nikonの新型300mmf4が1/29に発売されます。755gと言うから驚きです。
新型300mmf4(755g)三脚座(140g)+FT1(150g)+1V2(337g)=1382g 35mm判換算810mm
*仕様表によるとFT1適否はAF駆動可とあるが他の機能はクエスチョン
*三脚座別売
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

ニコン、300mm f/4を約14年ぶりにリニューアル
大口径標準ズーム並みに小型化&クラス最軽量 4.5段分の手ブレ補正も


あと一点気になるのが有ります。
オリンパスが今年に単焦点300mmF4を発売します。既発売(2014.11)のテレコンバーターx1.4が対応との事で840mmとなります。
私も以前はオリンパスのマイクロフォーサーズを使ってましたが望遠レンズのいいのが無かった為Nikonに鞍替えをしましたが、この300mmが発売されれば鳥撮り最適です。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mmF4.0 PRO

E-M1(497g)+MC-14(105g)+300mmF4(?g)=?g
現在では質量は不明ですが800gと想定すると約1400gとなりGoodです。
*デジカメ質量はバッテリィ・SDカード含む

現在使ってますのが
Nikon1V2(337g)+FT1(150g)+300mmf4D(1440g)で1927gです。これでも軽いのですが上記2機種はさらに軽量コンパクトとなります。

My野鳥撮り機材

    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
照準器+EVFの両眼視
以前より照準器とEVFを同時に見る両眼視を考えてました。ポイントは照準合わせが容易に出来る構造とすることです。この方法を頭の中で試案するばかりで実行が延び延びになっていました・・・がやっと完成しました。
SLIKの卓上三脚(SポッドSJ-32)を分解してボールヘッドを使いました。サイズもビツタリ合いました。
早速使ってみました。
約300m先のターゲットをカメラモニターの中央フォーカスエリア内に入れ照準器のドットを同一ターゲットに合わせます。
そして構えると左目に照準器のドット、右目にEVFのフォーカスエリアが入りターゲットがぴたりと合っています。
ターゲット導入は抜群に速くなります。飛翔体の捕捉も容易になります。
特に動きの速い被写体は照準器のみで捕捉して連射可能です。

* ボールヘッドは他の物も試しましたが動きがギクシャクでロック時ズレが出て光軸合わせが困難でした。今回使った物は動きもスムーズで軽く締めれば確実にロックします。ズレも生じません。わざわざ分解して使った理由です。
* 照準器はKYOEI マイクロポイントType-S 小型で使い易いです。
* カメラはNikn1V2+FT1+Nikkor300mmf/4D








My野鳥撮り機材

    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
野鳥撮りの為のNikon1V2の設定
遠方の野鳥を鮮明に撮るには、それなりに特化した設定が必要ではなかろうか。
景色や人物を撮る一般的な設定では物足りなく写ってしまう。
以下の設定は画質よりもシャープさを優先している。

(1)高感度ノイズ低減をOFFにする。
高感度低減となっているが、高感度時のみならず低ISO時も効果が掛かってディテールが崩れいる様だ。
OFFにする事によって鮮明さが増す。もちろん高ISO時はノイズは目立つが。



(2)ピクチャーコントロールはスタンダードSD(デフォルト)で輪郭強調を+1上げる。
野鳥の輪郭がすっきりする。



(3) AFモードはAF-Cで低速連写(4-5コマ/sec)

(4) 撮影モードはシャッター優先 1/640
   野鳥の場合1/640程度で被写体ブレが防げる(経験則)
   野鳥撮影は動態撮影と考えシャッター優先がベターと思う。

(5) 測光モードは中央部重点測光

(6) AFエリアモードは中央1点

(7) ISO感度設定 A3200オート(200-3200オート)

(8) アクティブD-ライティング
   一応OFFにしているがON/OFFどちらが良いか検証しても分からない

(9) 画質モードはJPEGで圧縮率はFINE
   利便性からJPEGを使っている

(10) 撮影直後の画像確認はOFF
    ONだと次がすぐ撮れないため

(11) その他の設定はデフォルト

Nikon1V2について書きましたが、過去使っていたカメラも同様の設定としてました。もちろん設定方法も表現も違いますが同様の項目があります。
My野鳥撮り機材


    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
Nikon1V2+FT1+AF-S 300mmf/4D
マイクロフォーサーズが発売されて以来3.5年間使ってきましたが、野鳥撮りがメインとなった現在、超望遠レンズやテレコンの無いマイクロフォーサーズは超望遠システムが組めません。(現状600mm相当が最長)
マイクロフォーサーズ等不要な機材をを売却してNikonシステムへ入れ替をして2ケ月が経ちました。
Nikon1V2+FT1+AF-S 300mmf/4Dです。このシステムですと多彩に組み換えが可能です。
当初はテレコンTC-17EIIを入れて1377mm相当で使ってましたが、数回使っている内にテレコンをなしで810mm相当で撮ってトリミングする方が好ましいことが分かりました。
また質量はこのシステムで2kgです。一脚雲台、照準器を入れても2.8kgで収まります。
特にカメラが337gと軽いためレンズだけ持っている感触で、移動しながらの撮影に負担になりません。当分の間このシステムを使っていこうと思っています。

Nikon1V2の特徴
1.軽量コンパクト 337g
2.AF追従連写(AF-C) 15コマ/秒
3.超望遠に有利 35mm判換算=レンズの焦点距離X2.7倍
 300mmレンズで810mm相当になります。



ミラーレス一眼のAFは各社とも進んでますが、中でも像面位相差センサーのNiko1は動体撮影に向いてます。
一眼レフのライブビューのAFについては各社とも開発途上です。
SONYが透過ミラーで先陣をきってますが、Canonも一昨日8/29にデュアルピクセルセンサーを搭載し超高速&高精度のハイブリッドAFのEOS70Dを発売しました。
Nikonはどうするのでしょうか。
撮像面位相差センサーを搭載した、ハイブリッドAFのAPS-C機が発売されることを期待したいです。

My野鳥撮り機材

    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
Nikon1V2
OM-D E-M5 + AF-S 300mmf/4Dでの画質は素晴らしいですがMFです。AFでもっと気楽に撮れるようにNikon1V2を注文しました。

本日、Nikon1V2が届いたので早速使ってみました。
まずは、TC-17EIIを入れてAFを試しました。FT1+テレコンはメーカー仕様では動作保障外とあります。あくまでも自己責任での使用となりますが、問題なく動作しました。AF可能です。

また、1V2の35mm判換算2.7倍は鳥撮りに重宝します。300mmf/4で810mm、TC-17EIIを使えば1377mm相当となります。

1V2+FT1+AF-S300mmf/4+テレコンTC-17EIIで。


迷わず鳥に合焦です。

テレコンX1.7で1377mmで常用するか、テレコンなしで810mmで常用するか、今後撮り比べが必要です。
いずれにしても遠くの小鳥の時はトリミングが必要です。どちらがトリミング耐性があるかですね。


1V2 + FT1 + AF-S300mmf/4D



My野鳥撮り機材




    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  
カテゴリー デジカメ機材
Nikkor 300mmf/4D
GEOMAED67-S+マイクロフォーサーズデジスコの解像度の不満は解消できず、短命3.5ヶ月で見切りをつけ、注文しておいたNikonサンヨンとテレコンが届いたので早速試写。

まずは外観  このレンズの特徴は絞りリング付
Nikon Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED + TC-17E II
BodyはマイクロフォーサーズE-M5を使って1020mm相当
マウントアダプターはKIPON NIK-m4/3




近所へ出掛け試写
解像度が良い分、ピントの山がつかみ易い。
開放F値 デジスコ約F13 今回のシステムF6.7 となり2段明るいので
SSがデジスコ1/80のシーンで1/320、1/125シーンならば1/500で切れるわけだから随分使い易い。
まずはヨシ原のオオヨシキリ

獲物を待つゴイサギ

田んぼのチュウサギ

My野鳥デジカメ


    日本ブログ村 野鳥ブログへ  人気ブログ 野鳥ブログへ  


ブログトップへ

    1 2 3  次のページ>>







日本野鳥の会滋賀発行「滋賀県産鳥類リスト2015」の出現頻度◎○△▲×の内
▲×は記事中にマーキングしてます。
▲=飛行ルートにあるが、めったに確認できない
×=迷い鳥又は過去数例しか確認されていない


    Copyright(C)2001  夢びわ湖 honobono All Rights Reserved.

  画像の無断転用はお断りします。
 カテゴリー
 最近の記事
 バックナンバー
 Twitter
 ブックマーク
夢びわ湖はロリポップレンタルサーバー
ブログはJUGEMを使っています。


  
 携帯
qrcode
↑↑このページ TOPへ↑↑